ベッドで横になる女性の脚

秋葉原のデリヘル嬢にNG客とされないようにするためのポイントは非常に簡単なもの

色々な風俗がありますが、どこでもNG客と認定されると、入店をお断りされてしまいます。お気に入りの嬢がいても、その嬢が店に「あのお客さんはNGにして」と申し入れると、入店はできても肝心なお気に入りの嬢の指名ができなくなります。

これは多く場合、嬢がプレイ中に危険を感じてこれ以上はサービスできないと判断して行われます。こうなってしまうとせっかくの楽しい風俗も台無しですよね。

そこでNG客にならないための注意も覚えておきましょう。まず絶対にNG客認定されるのは、NG行為を迫った場合です。これはお店でも決められていることなので、個室に入ってしまえばこっちのものとは言えません。

確実にバレてNG客になって、入店を断られます。お店も嬢を危険な目に合わせるわけにはいきませんし、その嬢がNGを出しているものは強いることが不可能です。

これはイメクラや性感エステで多く決められています。ですから本番行為を強引に行うという場合は、完全にNGを超えて暴力になりますから、警察沙汰まではいかなくても、危険客としてマークされます。

どの店でも暴力行為はNGです!SMクラブは特殊ではあっても、やはり女王様にも、M女にも、得意分野があります。「自分が開発してやる」と彼女たちのNGを強いたら、やはりNG客の仲間入りです。

そのためSMクラブで指名する場合、単純に女王様やM女を指名するのではなく、どういうプレイを望んでいるかを明白にして行うほうがトラブルを避けられます。

よく「酔った勢いで」という言い訳に使う入店も、実際にはNG客に入れられるリスクがあります。理由は泥酔状態ではプレイが危険ということもありますし、嬢が泥酔しているお客様の世話をする羽目になるということも考えられるからです。

軽く飲んで勢いをつけるなら構いませんが、前後不覚まで飲んだ場合はあきらめてください。風俗で楽しくHに遊ぶなら、ルールを守ることが絶対に重要です。

ですから風俗嬢に迷惑行為をしたり、お客同士でトラブルを起こさないように注意することにも気を配ってください。「そこまでしないと風俗では遊べないのか」と思う方もいるでしょう。

何事もルールがあって、安全にHな遊びをするためと割り切ってください。色々な種類の風俗があるわけですから、今の自分はどういうプレイをしたいかをよく考えて決めてもいいですね。

タイプによって、NG行為にならないこともありますし、自分が楽しみたいHな体験も可能になるからです。