Archive for the ‘話題’ Category

鶯谷ではデリヘルが好きだという人にお勧めしたいピンサロと性感エステ

2015-12-25

ピンサロも性感エステも似たような風俗、というイメージがあるのではないでしょうか。確かに似ていますが、異なる点があります。それはピンサロがペニス至上主義であるのに対し、性感エステは隠されているアナルを集中的に愛撫してくれるということです。ですから「とにかく抜いてもらいたい」場合はピンサロ、アナルを体験したいなら性感エステです。

前か後ろかの違いがありますが、抜きを目的に追求する風俗ならピンサロのほうがお得です。実際にピンサロはサクサクと気持ちよくさせ発射させるシステムになっています。その分、』合理的な抜き方だといってもいいですね。「可愛い女の子にフェラチオしてもらって抜きたい」という方向けの風俗だと言っていいかもしれないですね。

性感エステはアナルという隠された部分を愛撫し、そこから勃起させて抜いてくれるという普通ではあまり行われない…というか、多くの女性はやってくれないプレイを楽しませてもらえます。「アナル未経験だから、プロに安全にいじられて、さらにうまく抜いてほしい」という方は性感エステに行ってみることをおすすめします。

ピンサロの「花びら大回転」のようなプレイは性感エステでは望めませんが、ヘルス並みに楽しめる要素はきちんとあります。また性感エステの嬢の中にはマッサージ師の資格を持っている場合もあり、指名料は多少アップしますが、身体のコリも、ペニスのモヤモヤも解消してくれます。ただ性感エステは嬢が裸にならないこともあるので覚えておきましょう。

システマティックに抜く風俗ならピンサロです。料金も比較的にリーズナブルです。性感エステは嬢の肌かは見られないデメリットがありますが、マッサージ師の資格がある嬢を指名すると、かなりお得感が増していきます。特に「性感師にしますか?」と聞かれたら、YESとしておけば、テクニックに問題のない嬢が派遣されます。

性感エステでは「やってもらいたいけど、試すのはちょっと怖い。でもどうしても体験してみたい」とよく男性が語っている前立腺マッサージも可能です。嬢もそれがフィニッシュと考えていることが多くありますし、慣れているプロなので安心してアナルヴァージンを捨てることも可能です!

ただし警告しておくのは、ピンサロも、性感エステも、本番行為はNGです。あくまでも受け身でHなサービスを堪能するためにあるのです。いつもはパートナーに奉仕しているHもたまには奉仕される側になってみようかな、という考え方で体験してくださいね。

鶯谷のデリヘル嬢にNG客とされないようにするためのポイントは非常に簡単なもの

2015-12-23

色々な風俗がありますが、どこでもNG客と認定されると、入店をお断りされてしまいます。お気に入りの嬢がいても、その嬢が店に「あのお客さんはNGにして」と申し入れると、入店はできても肝心なお気に入りの嬢の指名ができなくなります。これは多く場合、嬢がプレイ中に危険を感じてこれ以上はサービスできないと判断して行われます。

こうなってしまうとせっかくの楽しい風俗も台無しですよね。そこでNG客にならないための注意も覚えておきましょう。まず絶対にNG客認定されるのは、NG行為を迫った場合です。これはお店でも決められていることなので、個室に入ってしまえばこっちのものとは言えません。確実にバレてNG客になって、入店を断られます。

お店も嬢を危険な目に合わせるわけにはいきませんし、その嬢がNGを出しているものは強いることが不可能です。これはイメクラや性感エステで多く決められています。ですから本番行為を強引に行うという場合は、完全にNGを超えて暴力になりますから、警察沙汰まではいかなくても、危険客としてマークされます。どの店でも暴力行為はNGです!

SMクラブは特殊ではあっても、やはり女王様にも、M女にも、得意分野があります。「自分が開発してやる」と彼女たちのNGを強いたら、やはりNG客の仲間入りです。そのためSMクラブで指名する場合、単純に女王様やM女を指名するのではなく、どういうプレイを望んでいるかを明白にして行うほうがトラブルを避けられます。

よく「酔った勢いで」という言い訳に使う入店も、実際にはNG客に入れられるリスクがあります。理由は泥酔状態ではプレイが危険ということもありますし、嬢が泥酔しているお客様の世話をする羽目になるということも考えられるからです。軽く飲んで勢いをつけるなら構いませんが、前後不覚まで飲んだ場合はあきらめてください。

風俗で楽しくHに遊ぶなら、ルールを守ることが絶対に重要です。ですから風俗嬢に迷惑行為をしたり、お客同士でトラブルを起こさないように注意することにも気を配ってください。「そこまでしないと風俗では遊べないのか」と思う方もいるでしょう。何事もルールがあって、安全にHな遊びをするためと割り切ってください。

色々な種類の風俗があるわけですから、今の自分はどういうプレイをしたいかをよく考えて決めてもいいですね。タイプによって、NG行為にならないこともありますし、自分が楽しみたいHな体験も可能になるからです。

江戸時代の性風俗のスタイルがあらからこその今の鶯谷のデリヘルのスタイルなのです

2015-12-21

江戸時代までは「粋」としての認識もあり、男色は忌み嫌われるこのではありませんでした。武士道指南とも言える「葉隠」にも「衆道(武士の男色)はあるべき」というお作法や心構えなどが盛り込まれていたほどです。ただし太平の世には「武士たるはこうあるべき」よりも「男色の情」が個々の中で優先されるンドの問題も出てきてしまったために、それを禁ずる向きもありました。しかし決して「男色」そのものを蔑視するようなものではなかったのです。

これは仏と神がうまく融合しているような日本の緩やかな考え方に基づいていたもので、西洋文化が流入してからは「価値観」にも変化が見られました。キリスト教は同性愛に対して決して寛容ではありません。それによって同性愛者がかなりの差別をうけた時代もあるでしょうし、今でも個人個人の間では根強い差別も残っていると考えられます。

ただし法律でそれを禁じるようなこともなくなってきています。しかし明治維新から急激に西洋文化が至上と考えられるような時代には、日本においても同性愛が法に触れるといった法律ができました。それが「鶏姦律条例」です。同性愛を禁ずるものではありませんが、肛門による性行為を禁ずる法律です。

字だけを見ると「獣姦を禁じたのか?」と想像してしまいそうになりますが、肛門の形状から字を当てているようです。男色自体は日本の風俗でもありますし、それ自体を禁ずること実質不可能に近いものです。またこの法律が適用されたのは男根を肛門に受け入れた側のみであり、それも15歳以下であればお咎めなしですし、氏族や華族であると名誉を重んじてそれなりの配慮がなされました。

よってこの法律が実際に効力を発していたのは、刑務所内や風俗営業を行っていた茶屋などの女装者に対してばかりで、この法律は制定された8年後には消滅しています。この法律が消滅した背景には、フランスの法学者が「ナポレオン法典にはソドミーに対する規定がない」当事を助言したということがあるようです。

ソドミーとは「生殖器官によって生殖器官ではない物を使って行うセックス」を指しています。例えばオーラルセックスやアナルセックスは。それにあたります。宗教が法に介入しない日本においては、このように「同性愛を差別するような法律」を作られないといった進歩的な環境がありました。

宗教に対しての自由度が高いということは、風俗に柔軟性があるということは、マイノリティに対して無用な差別を向けないということにも繋がります。

鶯谷ではデリヘルが好きだという人にお勧めしたいピンサロと性感エステ

ピンサロも性感エステも似たような風俗、というイメージがあるのではないでしょうか。


Copyright© 2015年12月25日 鶯谷のデリヘル嬢のポテンシャルを最大限に引き出してあげる為のサイト
http://iknowprocess.com All Rights Reserved.