江戸時代の性風俗のスタイルがあらからこその今の鶯谷のデリヘルのスタイルなのです

2015-12-21

江戸時代までは「粋」としての認識もあり、男色は忌み嫌われるこのではありませんでした。武士道指南とも言える「葉隠」にも「衆道(武士の男色)はあるべき」というお作法や心構えなどが盛り込まれていたほどです。ただし太平の世には「武士たるはこうあるべき」よりも「男色の情」が個々の中で優先されるンドの問題も出てきてしまったために、それを禁ずる向きもありました。しかし決して「男色」そのものを蔑視するようなものではなかったのです。

これは仏と神がうまく融合しているような日本の緩やかな考え方に基づいていたもので、西洋文化が流入してからは「価値観」にも変化が見られました。キリスト教は同性愛に対して決して寛容ではありません。それによって同性愛者がかなりの差別をうけた時代もあるでしょうし、今でも個人個人の間では根強い差別も残っていると考えられます。

ただし法律でそれを禁じるようなこともなくなってきています。しかし明治維新から急激に西洋文化が至上と考えられるような時代には、日本においても同性愛が法に触れるといった法律ができました。それが「鶏姦律条例」です。同性愛を禁ずるものではありませんが、肛門による性行為を禁ずる法律です。

字だけを見ると「獣姦を禁じたのか?」と想像してしまいそうになりますが、肛門の形状から字を当てているようです。男色自体は日本の風俗でもありますし、それ自体を禁ずること実質不可能に近いものです。またこの法律が適用されたのは男根を肛門に受け入れた側のみであり、それも15歳以下であればお咎めなしですし、氏族や華族であると名誉を重んじてそれなりの配慮がなされました。

よってこの法律が実際に効力を発していたのは、刑務所内や風俗営業を行っていた茶屋などの女装者に対してばかりで、この法律は制定された8年後には消滅しています。この法律が消滅した背景には、フランスの法学者が「ナポレオン法典にはソドミーに対する規定がない」当事を助言したということがあるようです。

ソドミーとは「生殖器官によって生殖器官ではない物を使って行うセックス」を指しています。例えばオーラルセックスやアナルセックスは。それにあたります。宗教が法に介入しない日本においては、このように「同性愛を差別するような法律」を作られないといった進歩的な環境がありました。

宗教に対しての自由度が高いということは、風俗に柔軟性があるということは、マイノリティに対して無用な差別を向けないということにも繋がります。

江戸時代の性風俗のスタイルがあらからこその今の鶯谷のデリヘルのスタイルなのです

江戸時代までは「粋」としての認識もあり、男色は忌み嫌われるこのではありませんでした。


Copyright© 2015年12月21日 鶯谷のデリヘル嬢のポテンシャルを最大限に引き出してあげる為のサイト
http://iknowprocess.com All Rights Reserved.